触診所見の重要性

11月18日(土)、東京鍼科学研究会の定例研究会に参加してきました。


今月のテーマは「触診所見の重要性」です。

触診とは簡単に言うと、患者さんの身体に触れて、現状の体の状態を診ることで、所見とは、正常ではない状態のことです。

つまり、平方鍼法では触診で所見を探し、適切な刺激量で鍼治療をするものです。

東洋医学で言うツボの考えはまったくありません。

ベテランの先生方を中心に、触診所見の重要性について具体的な話があり、大変勉強になった一日でした。


〈院長〉

━─ ━─ ━─ ━─ ━─ ━─ ━─ ━─ ━─ ━─ ━─ ━─ ━─ ━─

中丸鍼治療院

JR総武線 小岩駅北口 徒歩1分

電話 03-3650-7607(完全予約制)

〒133-0057 東京都江戸川区西小岩1-23-2サンハイツグリーンヒル902

院長 中丸仁

━─ ━─ ━─ ━─ ━─ ━─ ━─ ━─ ━─ ━─ ━─ ━─ ━─ ━─

中丸鍼治療院 [江戸川区・小岩駅前]

当院は平方鍼法の鍼治療院です 平方鍼法での痛くない鍼治療により患者さんのつらい症状を少なくし生活の満足度を高めます

0コメント

  • 1000 / 1000