治療の流れについて

1 入口でスリッパにはきかえていただきます。

2 治療室で椅子に座っていただき、問診を行ないます。問診では、患者さんのつらい症状などについてゆっくりお話をうかがいます。

3 問診後、上下とも当院で用意している治療着に着替え、ベッドに横になっていただきます。

4 触診をしながら身体の状態や治療方針を説明し、治療を始めます。

5 治療後、今後の治療方針などについて丁寧に説明いたします。

6 着替えていただいた後、会計をすませていただき終了となります。


鍼の適応症について

ごく一般的な肩こり・腰痛はもちろん、ねんざ、打撲、ぎっくり腰などの急性炎症、神経痛、胃腸の不調、便秘、むくみ、眼精疲労、鼻炎、花粉症など様々な症状が適用となります。

疲れが抜けない、だるいなど、身体の不調があって病院を受診しても特に異常はない…このような悩みを抱えておられる患者さんの症状も改善することが多いです。

また「急性炎症には鍼が効かない」「鍼をするとむしろ悪くする」というのが、従来からの鍼についての考えでしたが、平方鍼法では急性炎症にも効果的なことが特徴です。


鍼治療での痛みについて

鍼が怖いと言っておられた患者さんから、治療中に「痛くないですね」「もう鍼が入っているんですか!」などとよく言われます。

当院では治療を進めるうちに身体の緊張が緩み、リラックスされ、眠ってしまわれる患者さんも多くみられます。


治療の効果を感じる時期について

症状や体質などによって個人差がありますが、治療直後あるいは治療後2~3時間後に感じていただけるようです。

また、翌日に体がすっきりするといわれる患者さんも多くみられます。


感染対策について

滅菌消毒済みのディスポーザブル鍼(使い捨ての鍼)を使用します。

患者さんお一人の治療が終わったら廃棄するため、感染の心配はありません。

また、施術者の手指も清潔に保っています。